邦人の長生きや体調持ち味について

今どき、元気に対して内面が高くなっている所について、こちらは依然として30フィーとういういしいからそれほど思うのか、まだ無知なのかもしれません。

ただ、思うのは長生きも良いことだけども、生きている中での出来栄えも必須ではないかなっと思うこの頃です。

また、国民年金が上がりましたね。。
国内は金融、便益厚生やっていけるのでしょうか。
初々しい年齢は、少子化で支えていかんければならなく年齢観でとても宿命に対しての心労などがあると思います。

医療キャパシティーが発展するため、寿命も延びる。
ただし、長寿しても、今孤立している一人暮らしご年寄りにおいてキャッシュが疎ましいことを見ると、ネクストジェネレーションに自分の老後もどうしてなあっているのか有意義に過ごせるのか。
至極不安もでてくる。
そのためか、あなた集積を貯めようとして、私のなかでは貯めてもライフスタイルで衣住食でいっぱい多くだろうというネクストジェネレーションしかみえない。

ですから、生真面目ゆうと児童はつくりたくないのです。
今の私の年齢で苦しかったら、児童の年齢は一段と酷いだろうと思うから。
幸せにして言えるような剰余なお金があればいいのですが、かなり厳しいです。

少子化の裏にも私のように考えてる人物がいるのではないだろうか。というこの頃です。お金の苦しみは行動がそれを終わらせてくれます